静岡

【もう迷わない】1日で湯河原~伊豆をめぐる最強ドライブコースpart2

今回は湯河原を経由して東伊豆まで行く、日帰り弾丸コース、part2です。

part1では、お昼ご飯やお土産、城ヶ崎海岸での風景などをご紹介しておりますので、併せてお読みください。

【もう迷わない】1日で湯河原~伊豆をめぐる最強ドライブコースpart1

part2の今回は旅のお楽しみ、温泉と夜ご飯をご紹介していきます。

一目でわかる、湯河原~東伊豆ドライブの良さはこちら。

東伊豆ドライブのポイント

・2度目の登場!世界で一番美味しい自然薯童子(個人の感想です)

・地球は本当に丸かった!地平線を見渡せる城ヶ崎海岸

ネタの大きさに圧巻!回らない回転寿司、魚磯

それでは東伊豆ドライブ、行ってみましょう。

ドライブコース

今回のドライブコースの予定表はこちら!

  9:30 多摩を出発
 ↓
11:30 麦とろ 童子 到着
13:30 麦とろ 童子 出発
 ↓
14:30 伊東マリンタウン 到着 
15:00   伊東マリンタウン 出発
 ↓
15:30 いろり海産 到着
16:00 いろり海産 出発
 ↓
16:15 城ケ崎海岸 到着
17:00 城ケ崎海岸 出発
 ↓
17:10 立ち寄り温泉 伊豆高原の湯 到着
18:40 立ち寄り温泉 伊豆高原の湯 出発
 ↓
18:50 回転寿司 魚磯 到着
19:50 回転寿司 魚磯 出発
 ↓
21:00 厚木PA 到着
21:15 厚木PA 出発
 ↓
22:30 帰宅

楽しみながら温泉を満喫!伊豆高原の湯で泥パック体験!

伊豆をドライブしていると、この「ドロ顔」の看板が良く視界に入ります。

伊東の方へ行ったことある方なら一度は目にしたことがあるんではないでしょうか。

次はここへ向かいます。

城ヶ崎海岸から10分弱、少し車を走らせると着く「伊豆高原の湯」。

入り口

大通りに面してこのような看板が見えてきます。

明るいとよく見えやすいのですが、今回含めて暗い時間は見落としがちなので少し注意です。

こちらは伊豆高原ビールのお店と温泉が一緒になっている、旅行者に嬉しすぎる施設です。

さらにここの「うまいもん処」というご飯屋さんの海鮮も本当に美味しい!

ですが!

今回は別の夜ご飯を考えていたので、温泉のみ堪能します。

夜になると雰囲気が出る門構えの「伊豆高原の湯」へ。

お風呂

こちらの温泉はアルカリ性単純温泉で、疲労回復や冷え性、筋肉痛の緩和などが期待できます。

じっくり入ってゆっくり体を労わりたいですね。

内訳は内風呂が2(うち1つはジェットバス)、露天3、サウナ1、水風呂1。

おススメはもちろん3つある露天風呂!

  

今回も特別に伊豆高原の湯さんに許可いただきまして、HPの写真をお借りしました。

魅力たくさんのHPはこちら

伊豆高原の自然の中でゆっくりと入れるこの露天風呂は、平日の喧騒を忘れさせてくれます。

3つの露天風呂は階段で上り下りして移動するため、高さが違います。その高さによって自然の香りが違ってくるのも楽しみのポイント。

1つ注意点としては、夏場は虫もお風呂に入りに来ます。

苦手な方は冬に是非ご堪能ください!

泥パック

看板にも大きく乗っているこの温泉の目玉といえば、「泥パック」。

露天の端の方に泥パックのコーナーがあり、誰でも無料で泥パックを体験が出来ます。

大量に泥が置いてあるコーナーの近くには泥パックをしながら入れるお風呂があるので、

ゆっくりと暖まりながらパックを堪能出来るのがまたいいところ。

女性だけのイメージがありますが、実は男性にもかなりの人気です。

結構迫力ある写真ですが、一度やってみるととても楽しいのでおススメです!

自撮用のカメラが設置されていてロビーやHPでダウンロードできるので、SNSに上げても面白いですね。

管理人が選ぶ最強の回転寿司!「回転寿司 魚磯」

今回のドライブのメインであり〆、夜ご飯は回転寿司です。

え?せっかく伊豆に行ったのに回転寿司?と思った方。

侮るなかれ。

今回ご紹介するのは、「回転寿司 魚磯」というお店。

伊豆高原の湯から車で5分、直進のみで着きます。

こちらのウリは、地物の多さ、ネタの分厚さ、ネタの新鮮さ…

挙げればキリがないですが、とにかく美味しい!満足感が半端ないお店です。

また季節や日によって仕入れ状況も変わるので、何度行ってもその日のおススメメニューの確認は必須です。

ちなみに回転寿司とは言っていますがレーンにお寿司はほとんどなく、注文するとすぐに握ってくれます。

今回は9皿いただきました。

その中でも、独断と偏見で選んだおススメトップ3をご紹介します。

第1位 地魚3点握り

地魚三点握り/397円

まずはこの1皿をいただけば間違いなしです。今回はカツオ・太刀魚・サワラの三種。ネタの厚みも申し分なしの欲張りセットです。

第2位 カンパチ

カンパチ/397円

こちらは地物ではないですが、脂の乗りがすごいです。魚磯のシャリは甘みが出やすいのですが、そのシャリととてもよく合う完成度の高い逸品です。

第3位 地アジ

地アジ/365円

地物メインで食べたい時に絶対におススメしたい逸品です。肉厚のネタから口いっぱいにアジの旨味が広がります。

地物なのでとても新鮮で臭みもないので、どなたでもいただける一皿です。

同率3位 タラの白子

タラの白子/397円

自分でトップ3を選ぶと言いつつ3つに絞り切れませんでした…。

白子が苦手な方にはおススメ出来ませんが、とにかく甘さがすごい。

量も多いので口いっぱいに甘さが広がり、満足感を通り越して幸福感を得られます。

好き嫌いがあると思いますので、全員におススメというわけではないので同率3位とさせていただきました。

魚磯で満足行くまでお寿司を堪能したら、ゆっくり安全に帰りましょう。

番外編 厚木PA外回り

もし帰り道に通るようでしたら是非寄ってみていただきたいPAがあります。

そちらが厚木PA。特に特別な施設や大人気の商品があるというわけではないのですが。

おススメしたいのが見た目。それがこちら。

ものすごく、「和」。

普通のイメージのSAとかPAって

こんなのとか

こんなのですよね。

こちらの厚木PA、外見だけじゃないんです。

 

置いているものは普通なのに、こんな風に「日用品」って書かれているお店、他にあまりないですよね。

ドライブは帰るまでがドライブとも言われますので、ここで休憩してあと少しの運転の力を養ってはいかがでしょうか。

今回お邪魔したところ

立ち寄り温泉 伊豆高原の湯

〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1180

HP:http://www.suiransou.com/

回転寿司 魚磯

〒413-0231 静岡県伊東市富戸1103−71

厚木PA外回り

〒243-0804 神奈川県厚木市関口704

HP:https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=203

まとめ

ということで今回は湯河原~東伊豆をめぐるドライブコースをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

まずは、ドライブコースのおさらいから。

 9:30 多摩を出発

  ↓    麦とろ童子の開店時間に合わせて出発!

11:30 麦とろ 童子 到着(約2時間滞在)

  ↓    日によってお店に入るまでに時間がかかるので、余裕を持った計画を!

14:30 道の駅 伊東マリンタウン 到着 (約30分滞在)

  ↓    海産物以外のお土産を買う場合はここで!

15:30 いろり海産 到着 (約30分滞在)

  ↓    いろり海産さんは基本16時までなので、時間に注意!

16:15 城ケ崎海岸 到着 (約45分滞在)

  ↓    暗くなったら特に足元に注意!岩場に行くなら明るいうちに。

17:10 立ち寄り温泉 伊豆高原の湯 到着 (約1時間半滞在)

  ↓    ゆっくり疲れをとって、帰りの運転に備えましょう

18:50 回転寿司 魚磯 到着 (約1時間滞在)

  ↓    道路を挟んだ正面に地ビールなどが買えるお土産屋さんあり

21:00 厚木PA 到着 (約15分滞在)

  ↓    帰るまでがドライブです。疲れていたら一度休息を。

22:30 帰宅

私自身伊豆はもう数えきれないほど行っていて、まだまだおススメのお店や絶景スポットなどのストックがたくさんありますので、これからもたくさん記事を出していくと思います。

今回はその記事の中の1番目に相応しい、たくさんのおススメポイントをご紹介できたかと思います。

次回の伊豆はもう少し南の下田方面に行こうかなぁと思っています。その時はまた記事を上げますので、ぜひよろしくお願いします。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!